2014年07月03日

通信教育選定の3ポイント 2

通信教育選定のポイントとして、前回はテキストについて述べました。今回は、講義についてです。


エッ!!

通信教育なのに講義?と思われる人もいるでしょうが、今は通信教育にDVDやCDが活用されています。目の前で講義を受けているような感覚は、やはり勉強を続けるモチベーションを維持させてくれます。

通信教育の資料請求をしたとき、サンプルにDVDやCDが付いていると通信教育の内容が分かりやすいことは言うまでもありませんね。資料請求をしてみるとき、その部分もチェックしてみることも忘れないで下さい。


わかりやすい講義

テキストで、紙面だけで勉強するよりも、よい講師による講義を収録してあるDVDやCDなどの映像は、理解を深めるのに役立ち勉強の効率をグッとアップさせます。

よい講義というのは、教え方がうまくて分かりやすい、そして短い時間内で要点をまとめているものです。

テキストを選んだときと同じように、収録時間が長いのはちょっと避けたいところです。普通の講義(通学生用)をそのまま収録したものでは、時間も長く無駄な部分が多くなります。通信教育専用の講義として収録され、短くまとめたものを選ぶのがコツです。

講義もテキストと同じように、何度も繰り返し試聴することで理解が深まり記憶にしっかりと残ります。学習しやすい時間の長さ、丁度よい時間の長さというのは、そんなに長くないはずです。


録音録画の状態も大切

講義がどんなによくても、音が聞きづらい、映像が見づらくてはやる気がそがれてしまいます。

参考オススメサイト⇒通信教育のフォーサイト




ラベル:資格 通信教育
posted by 吉原教室 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 合格する勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。