2008年08月02日

頭が良くなる?サプリメント

この記事は、学習ブログのほうにも掲載しましたが、資格試験を受ける人にも役立つサプリかなということで、資格合格クラブのブログにも記事をアップさせてもらいます。

受験生応援サプリメントというものがあるというので、調べてみました。

その商品の名前は「ガングリオシドIQ+」

私の今までの知識からいえば、受験生のためのサプリメントの主な成分は、DHA。私も飲んでいたことがあります。なぜ頭がよくなるといわれたかというと、血流をよくして頭がスッキリするからというものらしいんです。もちろんこのIQサプリメントにもDHAは含まれています。IQサプリメントの定番成分ですから当然ですね。

でも、この新しいIQサプリメントはミルクから生まれ、注目をされている成分「ガングリオシド」を新配合、さらに今話題の成分もバランスよく配合しているということです。


ガングリオシドとは?

今まで神経細胞を修復、再生をすることができる物質はないと考えられてきました。しかし、神経細胞の修復・再生機能を増大する物質が発見されました。それがガングリオシドです。

ガングリオシドは母乳にも含まれ、乳児脳機能形成に重要な働きを担っていると言われる注目の成分のようです。当然、記憶のメカニズムにも深い関わりを持っていると考えられます。


今までのDHA主体サプリとの違い

今までのIQサプリメントは、血流をよくして頭をスッキリさせ勉強の効率を上げることを主流に考えられ作られてきました。でも、それだけでは不十分のようです。脳は細胞の集まりです。神経細胞が記憶などを司る脳細胞を結び付けていなくては、何の効果もありません。この、脳の細胞をつなぐ神経細胞を修復、再生するための物質がガングリオシドです。

神経がつながっていない脳細胞では、血流をよくしてもだめだということです。今、ガングリオシドがテレビや雑誌で話題になっている理由がよく分かります。


フォスファチジルコリンも入っている

「フォスファチジルコリン」て何だと思うでしょう。これはかなり有名な成分です。(私も知っているくらいですから)

脳内神経物質アセチルコリンの元になる栄養素です。脳障壁を通り抜けることのできる数少ない物質で、脳を保護しているのがフォスファチジルコリンです。脳細胞に達し、記憶を助ける化学物質を作り出し、記憶力を改善します。


もう1つホスファチジルセリンも

脳神経細胞は、脂質性の膜で覆われており、その膜成分の一つがホスファチジルセリンです。

ホスファチジルセリンは、脳神経細胞の活性化、情報伝達の高速化、脳の活動における情報損失の防止に役立つ成分です。

最近では、加齢により減退した記憶力・認識力の回復やストレスによる認知力低下を改善する成分として注目を集めている物質でもあります。


このサプリメントの評価

この商品、その成分から脳神経細胞を活性化することをメインに開発されたIQサプリメントだということが分かります。それに、定番のDHAも加わっているので、過去のIQサプリメントより優れているのではないでしょうか。

神経回路網を充実させ、そこに十分な血液が送られることで、記憶などを含め受験勉強に役立ちそうです。

このサプリメントだけ飲んでも駄目ですよ。このサプリメントを飲んでしっかり勉強すれば、勉強内容が頭に入りやすくなりいい結果が出るということですからね。

ライバルに差をつけたい受験生へ 詳しくはこちら


posted by 吉原教室 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 合格する勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104059030
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。