2008年07月12日

合宿免許の不安解消

前回の記事、自動車運転免許短期取得で合宿免許の取り上げました。

もう少し詳しい情報がほしいという意見がありましたので、合宿免許について取り扱っているサイト内容を例に挙げ記事にして見ました。

ただし、各合宿免許サイトによって多少内容が異なりますので、詳細については各サイトで確認して下さい。

前回の提案は、「短期集中で免許を取るなら、合宿免許を考えてみてはどうでしょうか」ということでした。

運転免許を取得したいけど、なかなか時間が取れない・・・ など、合宿免許に心配はツキモノですが、 でも合宿免許なら最短14日で免許取得可能です!(最短でということをお忘れなく)

でも、合宿免許ってどういうものか内容が分からなくては、私も勧められません。ですから合宿免許を扱っている優良サイトの中からその例を挙げて合宿免許について説明してみます。

例として使わせてもらうのは、説明しやすいので「合宿免許コールセンター」というところで扱っている、合宿免許についてになります。


合宿免許の特徴(主に安心コースの内容)


どんな免許が取得できるのか。

合宿で取得可能なものは、普通運転免許証はもちろん、バイク免許や大型免許、二種免許なども取得できます。


費用について

自動車教習所への通学だと、「最終的にはいくらになるの…?」とお金の不安があります。

でも、合宿なら、 追加料金・別途料金ナシの安心パック料金になっています。初めに払った料金以上は基本的に払わなくてすむようです。 また、料金には、教習費・宿泊費・1日3食の食費・往復交通費・傷害保険までが含まれています。(教習所によっては食事や交通費が自己負担になっている所もあります)


取得までにかかる期間

みなさん、免許取得にかかる期間は、できるだけ短いほうがいいと考えますよね。教習所だと日にちや教習時間の予約など煩雑な手間がかかります。

また、希望した日に教習が受けられなければ、別の日を予約しなくてはなりません。これでは、いつ免許証が取れるのかよく分かりません。

合宿免許は、一日でも早く免許が欲しいという受講者のために無駄のない効率的なスケジュールが組まれています。ですから、上達も卒業も早いんです。当然免許取得までにかかる期間は短くてすみます。


宿泊施設は?

教習所の専用宿舎から、ゆったりと落ち着いたホテルまで、予算と希望に合わせて宿舎タイプが選べるようです。


コースの種類

安心コースと規定コース・チャレンジコースの2つがあります。教習や検定に不合格になった場合でも、安心コースなら追加料金は発生しません。ただし、限度(教習所ごとに違いがあります)があります。

規定コース・チャレンジコースでお申し込みの場合、不合格時は追加料金が必要となります。


教習所の選び方

基本的には自宅から近い教習所ですが、せっかく合宿免許に行くのだから、旅行気分で今まで行ったことのない所をチョイスするのも楽しいものです。

教習の合間に観光名所・映画のロケ地や有名店巡りをするなんていう合宿免許ならではの楽しみ方もできます。

合宿免許には、ここで例として挙げさせてもらったコースのほかにもいろいろとあります。それぞれのコースの中から、自分に合ったものを選んで、楽しく運転免許を取って下さい。

ハンドルを握る自分の姿が見えてきたでしょう?

種類豊富!合宿運転免許の情報はこちら


タグ:合宿免許
posted by 吉原教室 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろな資格と仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102720793
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。